全日本美容業生活衛生同業組合連合会着付師社内検定 

合員及びその従業員が受験できます。
 厚生労働大臣認定の着付けの検定制度で、試験内容
は学科と実技があります。
「初級」「中級」「上級」
の3段階に分けて実施しており合格者には合格証が交付されます。




学科試験受験資格 
初   級   (1)実務経験(美容師免許取得日以降)が2年以上の方
中   級   (1)実務経験(美容師免許取得日以降)が5年以上の方
 (2)初級検定試験合格後、実務経験が1年以上の方
上   級    (1)実務経験(美容師免許取得日以降)が10年以上の方
 (2)中級検定試験合格後、実務経験が2年以上の方
 (3)初級検定試験合格後、実務経験が5年以上の方
 実技試験受験資格 
 初   級  初級学科試験に合格した方(合格後3年以内)
 中   級  中級学科試験に合格した方(合格後3年以内)
 上   級  上級学科試験に合格した方(合格後3年以内)


                     ~参考資料~
 「厚生労働省着付け職種技能検定」が平成23年度にスタートしましたが、今後も「全美連着付師社内検定」は存続します。
そこで、両者の違いを簡単にまとめてみましたので参考にして下さい。
  全美連 社内検定  厚生労働省 技能検定 
種別   厚生労働省認定  国家技能検定
実施機関  全日本美容業生活衛生同業組合連合会  一般社団法人全日本着付け技能センター 
設立  平成9年  平成22年
受験対象  組合員及びその従業員(いずれも美容師のみ)  他人に着物を着付ける「他装」に従事する者(美容師以外も可)
目的  プロ着付師の育成  着付けに従事する者の社会的地位の向上
 着付け技能の振興発展 
内容  花嫁化粧着付けを含む高度な技能  基本的、一般的技能
試験  学科試験6月
 実技試験10月~11月(学科試験合格者)
 学科試験7月
 実技試験10月~12月(学科に合格、又は特例講習を受講したもの)
等級  上級・中級・初級  1級・2級
合格者   全美連○級着付師  ○級着付け技能士

                                                    


Copyright(C) 2010 BA Aomori All Rights Reserved.